ブルーライトカット

ブルーライトカット

網膜の細胞から破壊されることが明らかになった、パソコンやスマホから発せられるブルーライト。目疲れ防止の方法をご紹介します。


顔汗・ワキ汗対策の最終兵器!「汗止め帯」(あせとめたい)
トップ > ブルーライトカット

ブルーライトカットメガネ

網膜の細胞を死滅させることも明らかになった、恐怖の光線ブルーライト。 目疲れや頭痛の原因ともいわれ、コンピューターなしでは機能しない現代社会の隠れた健康被害の原因との言われています。

あなたの体調を壊す光も、対策がないわけではありません。その1つがメガネです。 波長が短い青い光をカットする効果があるメガネなら、あなたの脳を破壊する刺激をカットできるのです。

会社や自宅でパソコン、プライベートはスマホと、色々な画面を見る方は眼鏡でご自身の目や脳を守ってみてはいかがでしょうか。

ブルーライト対策

まだこれから明らかになってくるのがブルーライトの科学的根拠。 最近では青い光のマウス実験で、網膜にある細胞レベルで青い光は破壊していることも明らかになり、社会的、業界的な対策が必要な時代になってきました。

しかし目疲れと同じ防御法が、青い光にのデメリットに対しても効果的なので必ず目を守るという意識を持ちましょう。 一番いいのは、見ないことです。 とは言っても仕事の趣味にとみないわけにはいきません。 が、ベストは見ないことだと覚えておくだけで、だらだらと無駄な時間を過ごすこともなくなります。

画面から離れる、画面は暗くする。というのは光の波長そのものを弱くすることで悪影響を減らすことができます。 特に寝る前に布団に入って見る、なんてのは最悪なので注意してください。

ブルーライト サプリメント

網膜の細胞が破壊されたり、目が疲れて視力低下を起こしたらもう対処法はないのでしょうか? 一番は予防といっても、多少なりとも悪影響は受けますし、対策していなかった頃の影響も残っているはずですよね。

目の疲労に効果があると言われる成分が、「アントシアニン」や「ルテイン」です。パソコンの眩しさだけじゃなく、紫外線によって受けたダメージにも効果的と言われています。 ほかにも「アスタキサンチン」、「亜鉛」など視力回復には効果的と評判です。

自分でできる対策としては、アプリやソフト、休憩を入れながら作業をする、画面から離れる、部屋を明るくして作業をしないなど、ほかの眼精疲労やドライアイ対策と同じことも有効です。












ブルーライトカットに関するブログやなど、当、ブルーライトカットではピックアップで紹介するサイトのエントリーを楽しみにしています。

エントリーするにはまず当サイト「ブルーライトカット」へリンクをして審査の応募をするだけです。審査基準はページランク 0 以上、発リンク数 150 以内のサイトです。 こちらの新規登録フォーム←にて登録すると審査へノミネート終了です。

ブルーライトカット紹介サイトランキング

1.上にはページランクの高いサイトが紹介されます
2.同ページランクの場合は、発リンク数が少ないホームページがが上です ( 先着順 )
3.ただし、発リンク数が上位ランクサイトの6分の1未満のときは順位が上になります
なお、このサイト集では全てのページの発リンク数を100以内に設定しています。

PageRankと発リンク数チェックツール

 

登録ホームページのDATA更新とサーチ

 

NEW! ピックアップ

SITE名称 P R link
1もえのあずき 5
2DMM スマホ 50
3ハウンズ 5

口コミ評価 ランキング


Fatal error: Allowed memory size of 134217728 bytes exhausted (tried to allocate 32 bytes) in /home/users/0/oops.jp-xn--cckzay3rzb/web/lovablemess.org/site-blue-light/index.php on line 187
タイトル ページランク 発数